2016年3月20日日曜日

神戸大学RCUSSオープンゼミナールのお知らせ(3月26日(土)、及び、4月以降)

皆様 from 神戸大学 都市安全研究センター 北後明彦

神戸大学都市安全研究センターオープンゼミナールのご案内をいたします。
ご参加よろしくお願い申し上げます。

<第207回神戸大学RCUSSオープンゼミナール>
■日時:2016年3月26日(土)14時~17時
■場所:神戸市役所4号館(危機管理センター)1階会議室
  神戸市中央区江戸町97-1 Tel.078-322-5740
■司会:神戸大学名誉教授 室崎益輝
■共催:神戸市消防局 ■後援:兵庫県
■プログラム

① お産と子育てにつよい復興まちづくり ~とどけ!妊婦・子育てママの想い~
   荒木裕美 NPO法人ベビースマイル石巻代表理事

震災時、妊婦・子育て家庭は地域ネットワークからの孤立を体感。「命の大切 さ」を伝え、安心して子どもを産み増やし、守り育てるネットワークづくりを当 事 者目線でリードする実践例の提示。

② 災害時における妊産婦支援ネットワーク構築の取組み
   田間泰子 大阪府立大学地域保健学域教育福祉学類教授

復興および防災・減災における妊産婦の位置づけについて、その原理的な困難性 を指摘したうえで、支援ネットワーク構築の具体的取組みについて、事例を紹介 する。

③ 防災体制にみる妊産婦支援の再検討
   山地久美子 大阪府立大学客員研究員

阪神・淡路大震災、東日本大震災の経験を経て、災害対策基本法、防災基本計 画、避難行動要支援者、男女共同参画基本計画等防災制度面において妊産婦支援 は どのように変わり、また課題かあるか検討します。


4月以降のオープンゼミナールのご案内

<第208回神戸大学RCUSSオープンゼミナール>
■日時:2016年4月16日(土)14時~17時
■場所:神戸市役所4号館(危機管理センター)1階会議室
  神戸市中央区江戸町97-1 Tel.078-322-5740
■司会:神戸大学都市安全研究センター教授 北後明彦
■共催:神戸市消防局 ■後援:兵庫県
■プログラム

① 社会調査によって復興を「見える化」する
  ~兵庫県生活復興調査を端緒とする復興過程の解明
  木村玲欧 兵庫県立大学環境人間学部/大学院環境人間学研究科准教授

阪神・淡路大震災は、巨大災害発生から時間経過に伴って変化する復興過程が初 めて科学的に調査された災害だと言えます。無作為抽出調査を継続的に行うこと で明らかになった復興過程と、新潟県中越地震・中越沖地震などで検証した復興 過程の一般化の試みについて紹介します。

② 住まいと生活再建--人生の立て直しに向けて
  平山洋介 神戸大学大学院人間発達環境学研究科教授

住まいの再生は、生活再建の一環であるだけではなく、その基盤としての位置を 占めています。私たちの研究グループは、釜石市の被災者を対象とし、その住宅 事情に関するアンケート調査を5回にわたって実施してきました。その結果をも とに、住宅復興の論点を示します。


<第209回神戸大学RCUSSオープンゼミナール>
■日時:2016年5月14日(土)14時~17時
■場所:神戸市役所4号館(危機管理センター)1階会議室
      神戸市中央区江戸町97-1 Tel.078-322-5740
      http://open.kobe-u.rcuss-usm.jp/p/access.html
■司会:神戸大学都市安全研究センター教授 北後明彦
■共催:神戸市消防局  ■後援:兵庫県
■プログラム

① 海溝型巨大地震の予測の考え方と取り組みの現状(仮題)
   堀 高峰  海洋研究開発機構 地震津波海域観測研究開発センター
         地震津波予測研究グループ グループリーダー

② 内陸地震の発生過程の解明
   飯尾 能久 京都大学防災研究所 教授

 内陸地震は身近な現象にもかかわらず、数年前まではその基本的な発生の仕組 みはほとんど分かっていませんでした。沈み込むプレートに押されて、 日本列 島の内陸に歪みがたまり内陸地震が発生すると思われていました。しかし、この 考えでは、(1) プレート境界の大地震の発生間隔を超えて、内陸大地震の断層の 歪みが増加できるのか? (2)プレート境界に近いほど歪みは大きいはずなの に、プレート境 界から遠く離れた地域で内陸大地震が多いのはなぜか? とい うことは説明不可能でした。加えて、(3) 内陸大地震の再来間隔は、どうして 数百年 から数万年以上と大きくばらつくのか? (4) 断層の端はどうなってい るか? 何が内陸大地震の大きさを決めるのか? ということもよく分かっ て いませんでした。
 最近、飯尾教授は、内陸大地震の断層の下側の下部地殻にあると推定される、 断層の深部延長の働きに着目した内陸地震の発生過程の新説「脆性-塑 性相互作 用モデル」を提唱されました。これにより、これまで説明が難しかった色々な観 測事実を説明可能となりました。本講演では、この考え方をわ かりやすく解説 していただきます。


オープンゼミナールについての問い合わせ先
神戸大学都市安全研究センター
〒657-8501神戸市灘区六甲台町1-1
TEL: 078-803-6437(事務室 山崎)
FAX: 078-803-6394
TEL:078-803-6440(熊崎、北後)
http://www.kobe-u.rcuss-usm.jp/contact

今後の予定のご案内

※上記以降は下記の日程・場所でオープンゼミナールを開催する予定です。
●2016年6月18日(土)14時~17時 神戸市危機管理センター
●2016年7月16日(土)14時~17時 神戸市危機管理センター
●2016年8月20日(土)14時~17時 神戸市危機管理センター

1 件のコメント:

  1. Thanks for sharing, nice post! Post really provice useful information!

    Giaonhan247 chuyên dịch vụ mua đồng hồ amazon với chia sẻ kinh nghiệm mua hàng trên Amazon và giải đáp mua hàng trên Amazon có đảm bảo không cũng như chia sẻ cách mua hàng trên ebay giúp các bạn mua hàng trên amazon vietnam uy tín nhất.

    返信削除